スタッフ紹介

EPSODE4

dummy

2018年7月入職(中途採用)【事務員】

上之園 麻奈弥

うえのその まなみ

協力しながらより
利用者の方の良い支援に
繋げていくことが
出来るという所が魅力です

この職場を選んだきっかけ

 仕事と子育てを両立できて、長く働く事が出来る職場を探していたところ、当学園を見つけました。社会福祉法人について調べていくうちに興味を持ち、利用者の方々一人ひとりのニーズに合った環境を整え、魅力ある学園づくりに携わりたいと思うようになりました。また、福利厚生も充実しており、保育園も併設されていて働きやすい職場だと思いました。

仕事の魅力

 事務を通じて、社会福祉法人の仕組みを学ぶ事が出来るだけでなく、利用者の方や家族の方と関わる中で多くのことを学ぶ事が出来る仕事です。生活支援員・児童指導員・看護師・栄養士の方々と連携し、よりよい支援に繋げていく事が出来るという点が魅力に感じます。私自身まだまだ勉強中ですが、事務員として一人前に関わることが出来るようになることが目標です。

Q&A

  • Q:仕事内容はどんなことをしていますか?
  • A:学園の経理・労務の担当、電話受付を行っています。経理では、学園内の会計、労務では職員の休暇・給与関係、電話受付では諸サービスの予約やキャンセル、放課後等デイサービスの受付をしております。
  • Q:職場の雰囲気はどのように感じますか?
  • A:職員同士の連携がとれており、分からないこと・困ったこと等相談しやすく働きやすい職場です。
  • Q:仕事を始めるにあたり、不安だったことはありますか?
  • A:子どもがいるため、発熱など急なおやすみや早退が出来るのか不安でした。
  • Q:その不安は、どのように解消されましたか?
  • A:子どもの通院のため早退したくて、園長や他の事務員に相談したところ、急な申し出にも関わらず快く送り出してくださり、病院に付き添うことが出来ました。

メッセージ

 やりがいのある働きやすい職場です。この仕事から得られるものは必ず大きいと思います。

dummy
dummy

EPSODE3

dummy

2014年1月入職(中途採用)【グループホーム 生活支援員】

岡元 正文

おかもと まさふみ

今の職場になって
家族や子どもたちと
関わる時間が増えました

この職場を選んだきっかけ

 以前、障害者福祉施設の夏祭りや夕涼み会のボランティアに参加した事があり、生活支援員に興味がありました。企業説明会で吉野学園が来ており、そこで話しを聞いて、吉野学園という施設に関心を持ち、2回ほど見学をさせていただきました。職員の皆さんの対応の良さや利用者の皆様に対する熱い思いに引かれ、吉野学園で働く事を決めました。

仕事の魅力

 利用者の皆さんと過ごす中で、一緒に喜びなどの感情を分かち合うことが出来る所です。また、利用者の皆さんの気持ちに気付き、その方に合った支援をして不安な気持ちを和らげることが出来たり、今までできなかったことが出来るようになった時の達成感を一緒に共有出来たりするところだと思います。

Q&A

  • Q:仕事内容はどんなことをしていますか?
  • A:グループホーム利用者の日常生活の支援を主に行なっています。
  • Q:職場の雰囲気はどのように感じますか?
  • A:職員間で気兼ねなく話しをすることが出来、雰囲気の良い明るい職場だと思います。
  • Q:仕事を始めるにあたり、不安だったことはありますか?
  • A:今まで他の仕事をしていた為、未経験で一から覚えて仕事をしていく事が出来るかとても不安でした。
  • Q:その不安は、どのように解消されましたか?
  • A:他の職員の仕事を見て覚えたり、困ったところや悩んでいるところ、分からないところは他の職員に話しをしたりしてそのままにしないように努めました。そうしていくうちに、出来ることがだんだん増えていき、不安が消え自信に繋がって行きました。

メッセージ

 「百聞は一見に如かず」です。興味があるかたは、気軽に見学に来てください。

dummy
dummy
dummy

EPSODE02

dummy

2013年8月 入職(中途採用)【児童部主任】

有村 一弘

ありむら かずひろ

利用者さんと一緒の時間を共有したい!!

入職前に一日体験をさせていただいた折、利用者さんと一緒に活動に参加しました。その時、利用者さんの笑顔を見て、一緒の時間を共有したいと思って入職しました。

新しいことの発見の連続

毎日が新しいことの発見です。利用者さんは毎日違う表情を見せてくれるので、一日一日がとても充実しています。
「昨日より今日、今日より明日」と言う言葉がぴったりな職場です。

生活を豊かにするため

利用者さんの生活を豊かなものにするためには様々な活動の提供が必要です。
利用者さんが楽しく参加できる活動を提供できるように、自分自身がもっと幅広い知識を身に着けることが目標です。

EPSODE01

dummy

2014年4月 入職(新卒採用)【入所成人部 生活支援員】

松崎 幸子

まつざき さちこ

短大の施設実習をきっかけに

短大の時に施設実習をさせて頂いたことがきっかけです。最初は不安、緊張でいっぱいだったのですが、職員の方がとても親切に教えて下さいました。
利用者の方と関わることが楽しく、もっと知りたい、笑顔が見たい、ここで働きたいと思うようになりました。

利用者の方の笑顔に支えられて

初めは仕事に慣れることに必死だったのですが、先輩の職員から丁寧に教えてもらって少しずつ慣れる事ができました。
実習では見られなかった利用者の方々の一面を知り、支援、関わり方を日々学んでいます。利用者の方と関わること、笑顔が見られた時、とてもうれしく毎日が楽しいです。

いっぱい学んで精いっぱい頑張ります!

「一人ひとりの利用者の方とたくさん関わり、その方のことを知ること」「信頼関係を築くこと」「専門的な知識を増やしていくこと」…たくさんあります。
利用者の方々の笑顔がたくさん見られるように、“幸せ”と感じて頂ける日々が送れるような支援が出来るよう、自分にできることを精いっぱいしていきたいです。